北水会の医療・福祉・教育の複合エリア、茨城県水戸市東原(旧制水戸高等学校跡地)の水高スクエア

夏祭り「水高スクエア祭」準備中に起きました事故についてのお詫び

この度は、事故により、ご利用者様とご家族様、日頃お世話になっている関係者の皆様、地域の皆様に多大なご迷惑とご心配をお掛けし誠に申し訳ございませんでした。心よりお詫び申し上げます。
この事故は8月3日(水)、水戸市東原「水高スクエア」にて夏祭り「水高スクエア祭」準備中に舞台の垂れ幕をさげるための足場が崩れ、7名の職員に重軽傷を負わせてしまったものです。2名が骨折をし、うち1名は脳出血の疑いもありましたが検査の結果脳出血はなく、その点につきましては安堵した次第です。
今後は、けがをしました職員の治療に万全を期すとともに、事故原因を解明し、二度とこのようなことが起こらないよう、事故防止の対策を講じてまいる所存でございます。何卒ご理解の程お願い申し上げます。
なお、このような事故であるにも関わらず、多数の方よりお励まし、お見舞いの言葉を頂戴しました。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

社会福祉法人 北養会
理事長 大久保 泰子

医療、福祉、介護、教育、健康など 地域交流の活性化につながる複合エリア

北水会グループが運営する医療・福祉・教育の複合エリア「水高(スイコウ)スクエア」は、医療、福祉、介護、教育、健康など多機能を持つほか、地域交流の活性化につながる場の提供を目的とした複合エリアです。敷地内には病院や理学療法士・言語聴覚士・看護師養成の専門学校、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、高齢者住宅、保育園、フィットネスクラブ、レストラン、コンビニ等が建ち並び、これらの施設のご利用者や学生、職員など、小さなお子様からご高齢の方まで日々2,000名を超える幅広い世代の人々が往来しています。

パノラマで見る周辺環境

水高スクエア エリアガイド

写真は、上空75mから見た水高スクエアの様子です。
水高スクエアのある一帯は、隣接する水戸第一中学校をはじめ水戸市立常磐小学校、新荘小学校、水戸商業高等学校、水戸女子高等学校など学校が多く点在する「文教の町」です。

アクセスマップ

お車でお越しの場合

常磐自動車道水戸I.C. から国道50号を水戸市街方面へ向かって「自由ヶ丘」交差点を左折(水戸I.C.からの所要時間約20分)

バスをご利用の場合

JR水戸駅から

水戸駅北口4番バス乗り場から「7 栄町・水高スクエア・赤塚駅」行き乗車、「水高スクエア」下車すぐ。または水戸駅北口5番バス乗り場から乗車、「自由ヶ丘」下車、徒歩15分。(バス所要時間約20 分)

JR赤塚駅から

赤塚駅北口3番バス乗り場から「7 栄町・水高スクエア・水戸駅」「27 茨大前」行き乗車、「水高スクエア」下車すぐ。または赤塚駅北口1番バス乗り場「水戸駅」行き乗車、「自由ヶ丘」下車、徒歩15分。(バス所要時間約15分)